むくみの起きやすい場所は?

むくみは、血管やリンパ管が通っているところなら、どこでも出る可能性があります。
単純に考えても、
むくみは体内の水分(血しょう成分)が静脈やリンパの滞りによって、
血液に戻されずに外に出た状態なのですから、全身に起こると言えるのですね。
だから、むくみが出る部位は、全身ということもありますし、
部分的に出るということもあります。

 

足のむくみ

足首からふくらはぎは、特に多くの女性がもっとも悩むむくみの部位です。
これは、座りっぱなしや立ちっぱなしなど、同じ姿勢をとり続けることで、
重力によって水分が下半身に溜まってしまうことで起こります。
足全体というより、やはり足先からふくらはぎにかけてむくむのがこの症状です。
夕方になると、靴がきつくなる、
ふくらはぎがぱんぱんに張って硬くなるなどの症状が出ます。

 

顔のむくみ

朝起きると、顔がむくんでいるという方も多いでしょう。
この場合の症状は、まぶたが腫れたり、
顔周りがむくんでフェイスラインがぼやけてしまいます。
顔がむくむのは、前日に水分を摂りすぎることが原因で起こります。

 

全身がむくむ?

全身にむくみが出る場合は、姿勢か病気が影響しています。
ほとんどの場合は、姿勢が悪くて、
体の中心で血流やリンパが滞っていることで全身のむくみが引き起こされます。

 

ただし、全身のむくみの症状は、
全体的にむくむ場合と、部分的にいろんな部分がむくむというのがあります。
部分的に全身がむくんでいるというのは、肝臓や腎臓の疾患や、
分泌系の機能障害の可能性もあります。
他にも、栄養不足の場合もありますので、全身のむくみには注意しましょう。