むくみの確認方法

むくんでいるのかどうか?まずは確認を

むくみというのは、一目見てむくんでいることが分か場合ももありますが、
そこまでの状態はかなり重症です。

 

一目見て分かるぐらいのむくみの原因は、
ほとんどが病気や薬の副作用などによるものです。
また、顔などは比較的わかりやすいですが、それでもむくんでいるのか、
太ってしまったのかという判断は難しいでしょう。

 

特に、痩せている人の場合は、むくみに気がつかないこともあります。
むくみをそのままにしておくと、脂肪細胞の周りに、
血しょう成分の中にある老廃物や水分がくっついてしまいます。

 

すると、いわゆるセルライトというものになってしまいます。
また、むくんでいるということは、
血流やリンパの流れを滞らせる原因があるということ。

 

運動不足でも塩分の摂りすぎでも冷え性でも、放っておくと、
他の症状を引き起こしてしまいます。
そういったことにならないためにも、むくんでいるのかどうかを確認して、
むくみを解消しなくてはいけません。

 

では、むくんでいるかどうかを確認するのはどのようにすればいいのか。
一番簡単な方法は、足首やふくらはぎを、
指で20秒から30秒ほど押さえてみるという方法です。

 

しっかり押さえて、指を離した時に、しばらく指の跡が残っているようなら、
むくんでいるということです。

 

顔のむくみを確認したい場合には、
両手を組んで片側のバストの下側を内側に引っ張り、肋骨に押し付けます。
その後、そのバストを上に持ち上げて見ましょう。
こうして持ち上げた側の顔が細くなったら、
一時的にむくみが取れているということなので、むくんでいることになります。