顔のむくみの原因

朝、顔がむくむ原因

顔は、体の一番上の部分なので、重力などの影響はあまり受けることはありません。

 

ただし、眠る時には横になるため、体内の水分が顔の方にも移動していきます。
ですから、朝起きると顔がむくんでいることがある、という方もいるでしょう。

 

顔のむくみの原因は、多くの場合、アルコールや塩分の摂りすぎです。
アルコールをたくさん摂取すると、血中のアルコール濃度が高くなります。

 

すると、血管が拡張してしまうので、
水分が皮下組織に染み出すのでむくみが引き起こされます。

 

また、塩分を過剰に摂取すると、腎臓に負担がかかってしまいます。
すると、塩分を処理することが出来なくなるため、体は塩分濃度を下げようとします。

 

塩分濃度を下げるには水分が必要になりますから、
体が水分を溜め込んでしまうのでむくみが起こります。

 

このように体に水分が溜め込まれると、その影響が顔にまで出てしまうんですね。

 

さらに、顔の血流の流れが滞ることで、顔がむくんでしまうことがあります。
顔は、意外に決まった部分の筋肉しか動かしません。

 

そのため、血流が悪くなってしまうことが多いんですね。

 

一つ気を付けたいのは、朝起きてからもずっとむくんでいる場合です。
顔のむくみは、一過性のものなら起きれば時間とともに治まります。

 

もし、収まらなかったとしても、顔のマッサージをすればほとんどが解消出来ます。
それでもむくみが取れない場合には、病気が原因になっていることもあるので、
一度病院で検査をしてもらいましょう。