顔のむくみを解消

顔のむくみを予防する

どの部位に出来るむくみもそうですが、とにかくむくみを解消するには、
むくみを引き起こす要因となるものへの対処が必要となります。

 

顔のむくみの場合、足とは逆に、
寝てから起きたときの方がひどいという方も多いでしょう。

 

こういったむくみは、特に予防が大事になります。
アルコールを摂取しすぎない、塩分を取りすぎないというのは基本ですね。

 

また、疲れや老廃物を翌日に持ち越さないようにするのもポイントです。
半身浴でたっぷり汗を出す、寝る前にはストレッチをするというのは、
顔のむくみ予防にはとても効果的です。

 

疲れを取って、リラックスした状態で眠ると、
体内の循環も良くなるので顔のむくみを押さえることが出来ます。

 

それでも、むくんでしまっていたら、
軽い運動をして血流やリンパの流れを促進しましょう。

 

ラジオ体操などは、全身をしっかり動かすので効果があります。

 

即効性を求めるなら、やはり顔のマッサージをするのがおすすめです。
目の周りがむくんでいる場合には、つぼを刺激してみましょう。
目頭と眉頭の間のくぼみ、黒目の上の部分、目尻、目頭の下の部分、
黒目の下の部分を20秒ずつ軽くおしてください。

 

その後、溜まっている水分を優しく流すような感じで、
目の周りを目頭から目尻までを数回マッサージします。

 

頬がむくんでいる場合には、小鼻から頬骨の下の部分を通って、
耳の手前まで水分を押し流します。

 

フェイスラインは、人差し指と中指でフェイスラインをはさむようにして、
あごから耳の後ろまでをマッサージしてください。
これだけでも、顔がスッキリした印象になります。