妊娠とむくみ

妊婦はなぜむくむのか?

女性が妊娠すると、ホルモンバランスを始めとして、身体に変化が起こり、体内の状態が大きく変わってきます。

 

そのため、女性はただでさえむくみやすいのですが、妊娠によってさらにむくみがひどくなります。
妊娠中は、多かれ少なかれ、ほとんどの妊婦さんがむくみを体験します。

 

特に、妊娠後期になると、約3割の妊婦さんがむくみに悩んでいるといいます。

 

まず、単純に言ってしまうと、妊娠中は思うように身体を動かすことが出来ません。
普通の状態なら、身体を動かして汗をかいたり、入浴をして老廃物をしっかり出せばむくみを解消出来ます。

 

でも、妊婦さんの状態によっては、いくらむくんでいても運動をしたり入浴が出来ないこともあるでしょう。
その為に、むくみが悪化してしまうのですね。

 

また、妊娠後期になると、マッサージなども出来なくなるため、特に下半身のむくみがひどくなります。

 

妊娠中にむくみが起きる原因は他にもあって、例えばつわりが原因になることもあります。
つわりがひどいと、ほとんど何も食べられなかったりします。

 

すると、タンパク質やビタミンが不足してしまい、血行障害を引き起こします。
これが、むくみの原因となるんですね。

 

さらに、ホルモンバランスが乱れて、代謝機能が上手く働かなくなることも多いのが妊婦さんです。
例え、水分や塩分の摂りすぎに注意しても、代謝機能が正常に働かないと、体内に水分や塩分が溜まってむくみが出てしまいます。

 

このように、妊娠と言うのは、むくみを引き起こしやすい原因がたくさんあるということです。